サステナビリティ

サステナビリティって何?全体像を図を使ってわかりやすく紹介!

earth hand

サステナビリティの理解が難しいのは、「エコ」や「寄付」といった企業と環境、企業と寄付を受ける人、といった単純な2者の関係ではなく、企業、環境、社会といった複数の関係が絡むためです。しかし図を使うとそれぞれの立場から見たサステナビリティを整理することができ、全体像を理解できるようになります。図を使ってわかりやすく説明します。

サステナビリティとは

サステナビリティは日本語で「持続可能性」です。サステナブルな社会、サステナブルな開発という風に使われます。よくある間違いとして「エコロジー」「環境対策」と同じ意味で使われる事があります。単なる植林やCO2削減、省エネなどの環境対策はサステナビリティ実現のためには必要ですが、あくまでも手段のことに過ぎません。A社が植林をし続けても、サービス提供のためにいつか枯渇するであろう石油に依存している場合は、石油が枯渇した時にA社の事業がストップしてしまうため、持続可能な活動とは言えません。

他によくある間違いとして、「寄付」「慈善事業」と同じ意味で使われることがあります。B社が売上の一部を東南アジアの貧困層に寄付することはあくまでも、サステナブルな活動の一部です。他にはC社が現地に工場を立て、適正な賃金で彼らを雇いながら教育にも務めた場合、貧困層の自律にもつながるため「持続可能な開発」と言えます。サステナビリティとはある活動における、経済・社会・環境全ての持続可能性のことであり、地球規模で考える必要があります。

企業の立ち位置

企業の経済活動は本来、地球環境を脅かし途上国の貧困を悪化させるものと考えられてきました。工場では大量の電力を消費し、途上国では安い賃金を目的に工場だけを設置するという状況もありました。しかしサステナビリティの実現した社会において企業の存在は、環境と社会を持続させるための「良い」存在として認識されます。石油由来の燃料を使わずに再生可能エネルギーにのみ依存することでCO2排出量ゼロを実現し、環境への影響を様々な側面から考慮します。

また、企業活動を通じて女性や貧困層の社会的地位向上に貢献し、持続可能な社会を実現します。サステナビリティ実現には企業が損をする訳ではなく、企業自身の持続可能性も考えることに繋がります。

「サステナビリティ」のこれから専門家の見解

アメリカではスターバックス、アマゾン、テスラなどの世界的企業が率先してサステナビリティに取り組んでいることから、持続可能な開発と企業の利益は相反しないと言えるでしょう。

サステナビリティの今後を考えるうえで電気自動車(EV)を販売するテスラのイーロン・マスク氏の行動が参考になります。彼は起業家としてだけではなく社会起業家としての意識が強く、EVを普及させることで地球環境を良くすることを目指しています。サステナビリティの今後は政府や市民によるキャンペーンではなく、世界的企業が率先して行われるようになるでしょう。

おすすめ記事