身近なサステナビリティ

ビニール袋有料化!おすすめのかわいいエコバッグと作り方を紹介

eco bag

2020年7月1日からレジ袋が有料化されたため、サステナビリティの取り組みの一つとしてエコバッグに注目が集まっています。サイズや種類もさまざまあり、たくさんのエコバッグが販売されているので、どんなタイプのものを選べば良いか悩んでしまいます。今回は、使い勝手の良いおすすめのエコバッグと、自宅にあるものでできるエコバッグの作り方について紹介します。

2020年7月1日よりビニール袋廃止に

2020年7月1日から、コンビニを含む小売店などでレジ袋の有料化が始まりました。プラスチック製のレジ袋は自然に分解されないため、必要がなくなればごみとして捨てることしかできません。これまで過剰に使用していたレジ袋を減らすことで、プラスチックごみを削減することを目的としてスタートした制度なのです。

今までは、手ぶらで買い物に行っても買った品物はお店のレジ袋に入れて持ち帰ることが普通でしたが、これからはレジ袋の有料化に伴い以前のようにはいかなくなりました。そんな時に役立つのが、持ち運びに便利なエコバッグです。

おすすめのエコバッグ3選

レジ袋が有料化された今、軽くて丈夫な上、使い勝手の良いエコバッグがたくさん販売されています。今回は物がたくさん入り、持ち運びにも便利なエコバッグを3つ紹介します。

MARNA(マーナ) シュパット

カバンの中に入れて持ち歩いても邪魔にならない大きさのエコバッグは、一つは持っておきたいところです。そんな方におすすめしたいのが、マーナのシュパットシリーズです。

バッグの両端を引っ張ると、大きなバッグを一気に折りたたむことができます。あとはクルクルっと丸めるだけで、コンパクトに持ち運ぶことができます。見た目よりもたくさん入る大きさというのも魅力的です。サイズも種類も豊富で、生活シーンに合わせて選ぶことができるので、誰にでもピッタリの商品です。

無印良品 インド綿マイトートバッグ

エコバッグを程よくおしゃれに持ち歩きたいのであれば、生地のしっかりしたトートバッグタイプがおすすめです。無印良品のマイトートバッグは、オーガニックコットンを使った適度な厚みがある帆布生地で作られています。

生地がしっかりしているため、たくさん荷物を詰めても大丈夫です。見た目がシンプルな上に値段もお手頃なので、安心して長く使うことができるでしょう。

CAINZ(カインズ) 保冷ショッピングバッグ

暑い日の外出や買い物帰りの寄り道が多い方には、保冷タイプのエコバッグが便利です。たくさんある中でおすすめしたいのは、カインズの保冷ショッピングバッグです。

サイズは約幅51×奥行20×高さ34.5cmもあり、しっかりと収納できるのが魅力です。保冷剤を入れておけば、しっかりと冷たいまま中の荷物を持ち歩くことができます。折りたたんで持ち歩きができるため、カバンの中に入れっぱなしでもかさばりません。

手作りも!エコバッグの作り方

なかなかお気に入りのエコバッグが見つからない場合は、手作りすることがおすすめです。要らなくなったタンクトップやキャミソールを使って、簡単にエコバッグを手作りすることができます。

見た目を気にしないのであれば、タンクトップやキャミソールを裏返しにして、裾を縫うだけです。最後に、表を返せば完成です。

タンクトップに少し抵抗があるのであれば、代わりに手ぬぐいを使うと、おしゃれで簡単にエコバッグを作ることができます。

まず、柄が内側になるように手ぬぐいを二つ折りにし、「わ」になっている部分をカットして持ち手の部分を作ります。見た目はランニングシャツのようなイメージです。生地の端処理をしてから、持ち手部分を残して袋になる部分を直線縫いします。後は裏返しをすれば、簡単エコバッグの完成です。

最近は、エコバッグの作り方を撮影したYouTube動画もたくさん見ることができます。いろいろと作り方を試してみるのもおすすめです。

まとめ

本記事ではは、エコバッグについて紹介しました。レジ袋が有料化されたため、これまで以上にエコバッグに注目が集まっています。お気に入りのエコバッグを見つけるも良し、自分好みのエコバッグを作るも良し、自分にぴったりのエコバッグを見つけてみてください。

おすすめ記事