ESG投資

近年大注目のESG投資を易しく解説します!

近頃注目度が上昇中の「ESG投資」をご存知でしょうか。ESG投資とは、環境(Enviroment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選択して投資を行うことを指します。本記事では、ESG投資についての簡単な解説と、その規模についてご紹介します!

ESG投資とは

ESG投資とは非財務情報を考慮する投資

ESG投資とは環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の3つの観点から企業の将来性や持続性などを評価する投資です。企業の長期的な収益性を判断するには、企業の業績(利益額や利益率等)や財務状況(負債額やキャッシュフロー等)といった財務情報だけでなく、非財務情報(経営理念やサステナビリティ情報など)を考慮した方が良いという考えが基になっています。

ESG投資の種類

GSIA(Global Sustainable Investment Alliance)*はESG投資の7つの手法を定義し説明しています。ここでは簡単にESG投資とはどのような投資なのかつかんで頂くために一つ一つ簡単にご紹介します。

*GSIAはサステナブル投資推進に取り組む国際組織です。

ネガティブ/排他的スクリーニング

ESG基準に違反する特定の業種や企業のファンドやポートフォリオ投資対象から排除すること。武器、ギャンブル、たばこなど倫理的でないとされる商品やサービスが対象外となる。

規範に基づくスクリーニング

企業行動に関する国際最低基準を満たしていていない企業を投資対象から外すこと。基準はOECD(経済協力開発機構)、ILO(国際労働機関)、UN(国連)、 ユニセフ(国際連合児童基金)が策定しているものが広く使われます。

ポジティブ/ベスト・イン・クラスススクリーニング

ESGに関する取り組みや取り組みをしている企業を同産業内の競合他社と比較し、パフォーマンスが高いものに投資すること。

サステナビリティ・テーマ投資

サステナビリティに関する特定のテーマ(例:再生可能エネルギー・グリーンテクノロジー・持続可能な農業など)に関連した投資。

インパクト/コミュニティ投資

社会課題や環境課題に対して取り組む団体への投資。社会に貢献する技術やサービスを提供する企業や団体が選ばれます。伝統的に十分なサービスを受けていない個人や地域に対するコミュニティ投資が含まれます。

ESGインテグレーション(ESG要因の統合)

財務情報だけでなく、ESG分析など投資決定プロセスに組み込むこと。ESG投資の基本的な考えである”非財務情報を考慮することで企業の将来性を判断出来る”を最も反映した投資家のリターンの最大化を目指す手法です。

企業エンゲージメント・株式行動

株主が株主としての権利を使用し、企業の行動に影響を与えることが出来る権利。コーポレート・エンゲージメントと呼ばれる企業の経営層とコミュニケーションをとることやESGに関わる取り組みの提案、ESGガイドラインに基づいた議決権の代理行使も可能となります。

ESG投資の種類別規模

以下は種類別のESG投資の規模です。特にネガティブ/排他的スクリーニングやESGインテグレーションへはESG投資に中で占める割合が多いです。また、アメリカのESG投資の規模の大きさがみてとれますね。

高まるESG投資注目の裏側

日本でESG投資への注目が上昇した大きなきっかけは2015年のGPIFのPRI署名と言えるでしょう。GPIFとはGovernment Pension Investment Fundの略で日本の年金積立管理運用独立行政法人のことです。つまり、公的年金に加入している方はあなたがもらっている/もらう予定の年金を運用している機関です。この機関は2018年時点で約150兆以上世界最大規模の運用しており、彼らの動向を世界の投資家達は常に見ています。

では、そのGPIFが署名したPRIとは何でしょうか。

PRI(国連 責任投資原則)とは、Principles for Responsible Investment の略で、国連が2005年に公表した環境(Environment)や社会(Social)、企業統治(Governance)に関する社会課題を考慮した投資を行うための6つの原則を定めたものです。署名機関・団体は以下の原則を守らなくてはなりません。

1. 私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESG課題を組み込みます。
2. 私たちは活動的な所有者となり、所有方針と所有習慣に ESG問題を組入れます。
3. 私たちは、投資対象の企業に対してESG課題についての適切な開示を求めます。
4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します

出典:責任投資原則

このPRIに世界最大規模の機関投資家であるGPIFが署名したことにより、多くの投資家の間でESG投資をするべきだという考えが更に注目されるようになりました。また、以下のようにPRI署名数の増加と並行して運用資産総額も増加しているようです。

ESG投資の規模

では実際のESG投資の規模はどうなのでしょうか。以下は地域・国別のESG投資アセットの2016年と2018年の比較です。世界的にはこの2年で約34%の増加し、30,683ドル(日本円換算約3,279,85円*)まで規模は拡大しています。

*2020年6月22日時点

次の図は、各地域・国別における投資のうち ESG を考慮した投資の割合を示しています。ここでは日本でのESG投資の急成長がみてとれます。2016年では3.4%だった割合が2018年までの2年で18.3%まで上昇しました。また、これからも上昇していくと予想されています。

出典:GSIR_Review2018

まとめ

世界では既によく知られいるESG投資。最大機関GPIFが署名したPRIがきっかけとなり、日本でも少しづつ注目が見られていますが、日本のESG投資はこれからです。投資家はより長期的な視点で将来性のある企業を評価するようになるでしょう。こうして社会全体でより良い社会にしていこうという取り組みは素敵ですね。あなたも企業を担う一員としてこの潮流にのってみませんか。

おすすめ記事