ESG投資

いま話題のESG投資、気になる「なぜ?」を詳しく解説!

ESG why

従来は損益計算書などで報告される経営成績が投資の重要な指標でした。しかし今後は企業の社会や環境への取り組みも考慮したESG投資も普及していくと考えられ、投資家の方や企業の財務担当者の方は認識しておかなくてはならなくなるでしょう。なぜ今ESG投資が重要であるのか、従来の社会貢献とは何が違うのか、ESG投資の考え方から解説していきます。

ESG投資=社会貢献ではない

多くの方が「ESG投資=社会貢献のためにする」と考えているのではないでしょうか。実は、ESG投資=社会貢献ではありません。社会貢献では植林を進めたり、周辺住民の理解を深めるために交流を続けるなど、企業の資金や時間を無償で提供して活動を行います。しかしESG投資は社会貢献ではなく、あくまでも投資して利益をあげる目的があります。儲からないけど環境にやさしい企業に投資するといった、ボランティア活動ではないという事を把握しておきましょう。

ESG投資が注目されるわけ

ESG投資が普及してきた歴史を振り返ることで、なぜ注目されているか理解することができます。そもそもESG投資とは投資判断として売上高や利益率、純資産といった財務情報だけでなく、投資判断にESG(環境・社会・ガバナンス)の側面も考慮するという意味です。日本ではまだ成長段階ですが、欧米でESG投資が普及したのはリーマンショック後すぐです。大手金融機関が発行するESG関連債券が個人投資家の間で人気を集め、社会に良い影響を与える支援ができるかつ利益を目標とすることができるといった点が魅力的とされました。今後より普及すればESGに積極的ではない企業は投資先が離れてしまう可能性も否定は出来ないため、積極的にESGを導入する努力をしている企業も多くあります。

ESG情報開示ハンドブック(日本取引所グループ)

なぜサステナビリティへの取り組みが求められる?

ESG投資では企業の単なるボランティア活動ではなく、サスティナビリティへの取り組みが重視されます。従来は企業のイメージアップ戦略として、募金や病院の設立などの事業以外の活動が中心でした。しかし地球温暖化や劣悪な労働環境が生み出す悪影響について科学的な認識が進み、企業活動自体が悪い影響を及ぼしている可能性があるということが分かりました。そこでESG投資では企業活動の「良さ」「社会における存在意義」を判断する指標としてサスティナビリティへの取り組みが判断基準となっています。サスティナビリティへの貢献度が高い企業は生産などの事業活動で環境や社会への影響を考慮している企業といえます

まとめ

投資家自身が環境・社会への貢献をしながらも利益を考えることができるというメリットや、サスティナビリティを考慮しない企業へ投資したくないという考え方からESG投資が普及しています。日本では既に財務諸表だけでなく環境への取り組みをまとめた資料も株主に提供する企業が増加しています。企業のESGへの取り組みがより迫られるようになり、ESGがもたらす株価や業績への影響は大きくなっていくと見られています。

esg_management
ESG経営とは?企業が取り組むメリットデメリットを事例と共に紹介!環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の取り組みに力を入れる「ESG経営」。本記事は企業がESGに取り組むリット、デメリットとは?ESG先進企業の事例も紹介します!...
esg investment
ESG投資とは?7つの種類とメリットを徹底解説ESG投資とは財務的な側面から企業価値を判断するだけでなく、「環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)」の視点から企業の価値や持続可能性を判断する投資手法で、7つに分類されます。...
近年大注目のESG投資を易しく解説します!近頃耳にすることが増えてきた「ESG投資」。しかし、「ESG投資」をよく理解していない人も多いはず。そんな悩みを抱えている方に寄り添って「ESG投資」について簡単に解説します。 ...