ニュース(海外)

【地球温暖化】2070年、人類の1/3はサハラ砂漠の暑さで暮らす!?

みなさんは私達の住む地球の50年後を想像することができますか?近年注目されている急激な人口増加問題ですが、この問題に合わせて注目されているのが地球の平均気温の上昇です。実は、この2つの問題が合わさることで私達の約50年後の生活が危険にさらされているようです。下記では、気温上昇と人口増加の現状とそれに対する問題を解説していきます。

陸地面積の約5分の1がサハラ砂漠と同じ気温になる!?

中国、アメリカ、ヨーロッパの科学者たちの研究において、2070年までに世界の人口の約1/3は快適にすごせる範囲を越えた気温の地域で暮らすことになるかもしれないと発表されました。

今現在、平均気温は29℃以上の地域は地球の表面の約1%未満であり、このような地域のほとんどは、サハラ砂漠の最も暑い地域が該当しています。しかし、科学者たちは、温室効果ガスへの決定的な対策がされない場合、今後50年以内にこの「サハラ砂漠の最も暑い地域」と同じ気温に陸地面積の約1/5が達する可能性がある、という研究結果を発表しました。

地球の人口は2100年までに約109億人に達すると予想されています。そうなると、50年後の2070年には世界の人口のうちおよそ35億人がサハラ砂漠なみに暑い地帯での生活を余儀なくされる可能性があるそうです。

人類は比較的気候の変化が少ない地域を選び生活してきたため、今後数十年での急な気候変動には対応できない可能性を示唆しています。人々は、約6000年にも渡ってそうした環境を前提としたライフスタイルを送ってきたため、新たな環境に完璧に適応するのは難しいでしょう。

世界の貧しい人々への影響

このような気温上昇により、人々は「より住みやすいエリア」へと移住していくと予想されますが、急激な気候の変化によって水不足や作物の不作、生活様式の変化や経済成長までにも影響が及ぼされる可能性があると懸念しています。

そういった中で、一番の被害を受けてしまうのが世界中にいる貧しい人々になるでしょう。アフリカや東南アジアなど、既に暑い国、特に発展途上国などで暮らしている人々は、飢饉や干ばつ、凶作や大洪水など異常気象によってもたらされるさらなる被害を真っ向から受ける可能性が非常に高くなっています。

まとめ

このように、地球温暖化による大幅な気温上昇、人口増加による問題で私達の50年後の生活は危険にさらされています。

このまま何も対策をせずに暮らしていると、さらなる環境問題や人的問題が発生してしまうことは明らかです。まずは、今現在起きている気温上昇・人口増加問題をしっかり理解することを問題解決の第一歩とし、対策に向けてその準備していければと思います。

「地球の平均気温上昇と人口増加による問題」(世界経済フォーラム)
Future of the human climate niche(米国科学アカデミー紀要)