サステナビリティ

サステナビリティは英語でSustainability | 関連用語の定義・意味・使い方を解説

study sustainability

サスティナビリティESGなどの英語は新聞や企業のホームページ等でよく見かけられるようになりました。世界的に有名な企業を中心にサスティナビリティへの取り組みは進んでおり、将来的には仕事の一環として関わることになるかもしれません。正しい定義を覚えておかないと壁にぶつかってしまうことも…。サスティナビリティ用語に関してビジネスマンが知っておくべき知識をまとめました。

サステナビリティ関連用語一覧

サステナビリティを単に「環境にやさしい」や「エコ」という意味で使われることが多々あります。しかしその定義は間違っており、サステナビリティとは環境だけでなく社会全体や地球全体に関わる持続可能性を表す語句なのです。今回はサステナビリティの意味や、サステナビリティに関わる重要な用語をまとめました。

  • Suscainability
  • CSR
  • SDGs
  • ESG

Sustainability 

サステナビリティ(Sustainability)は日本語に訳すと「持続可能性」という意味になります。環境だけでなく社会や人に関わる持続性について表しており、「サステナブル(持続可能)な社会」というように使われます。現代社会はいつ枯渇するか分からない石油に依存し、地域によっては貧困層を苦しめるようなビジネスが行われているため、将来的に文明存続の危機も考えられます。これはサステナブルな社会ではないのです。

サステナビリティとは?企業が今求められる理由とメリットを解説本記事では、サステナビリティの意味や、サステナビリティが求められる理由・背景をやさしく解説し、さらに企業がサステナブルな社会に向けて取り組みを行ううえでのメリットも紹介します。...

CSR

CSR(Corporate Social Responsibility)は「企業の社会的責任」という意味です。企業は利益追求だけでなく、地域住民への貢献を通した地域への責任や環境破壊への責任、社会への責任を果たすように求められており、このような責任をまとめてCSRと言います。化学産業であれば、自社の活動が環境に悪影響を与えないことを示し、周辺住民を安心させることもCSRの一環です。

SDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)は「持続可能な開発目標」のことです。国連総会で採択された2020年に向けた行動指針であり、主に17の目標が設定されています。ここでは全て紹介しませんが、「①貧困をなくす」、「⑤ジェンダー平等を実現しよう」、「⑨産業と技術革新の基盤をつくろう」、「⑯平和と公正をすべての人に」といった、持続可能な社会実現のために欠かせない目標が掲げられています。

ESG投資(経済産業省)

3分でわかる CSRとは?(カオナビ)

まとめ

世界中で企業のサスティナビリティへの取り組みが迫られており、日本では自動車メーカーが自社だけでなく部品の調達先にまでサステナビリティへの取り組みを求める事例が報告されています。以上4つの英単語はビジネスマンとして今後関わることになる可能性もあるので、覚えておきましょう。

おすすめ記事