非財務情報公開

実践!一緒に進められるサプライチェーン排出ガイド~Scope3編~

これまでにScope1、Scope2についてお話してきましたが今回は、Scope3についての取り組み方を紹介します。サプライチェーン排出量算定には必要不可欠な知識ですのでまだ読んでいない方はチェックしてみてください!

おさらい

実践!一緒に進められるサプライチェーン排出量ガイド~Scope1編~ 実際にサプライチェーン排出量を算定しようと考えたけど、何から手を付けたらいいのかわからない方は多いはず!お悩みの方は、本記事に沿って一緒にScope1をまずは算定してみましょう。...
実践!一緒に進められるサプライチェーン排出量ガイド~Scope2編~ 実際にサプライチェーン排出量を算定しようと考えたけど、何から手を付けたらいいのかわからない方は多いはず!お悩みの方は、本記事に沿って一緒にScope2を算定してみましょう。...

Scope3とは

間接排出、つまり事業者の原料調達・製造・物流・販売・廃棄などの組織活動に関連する他社の排出を指します。そして、GHGプロトコル*のScope3基準では、Scope3を15のカテゴリに分類しています。算定対象の指定がないため、一般的に会社の目的によって対象範囲が異なっていきます。

*GHGプロトコルとは、世界経済人会議を中心にして作られた温室効果ガス排出量の算定と報告の基準である。

Scope3の算定方法

(1)算定方法の目的の確認

算定した数値をどのように利用するかによって算定範囲が異なってくるため、なぜ算定し、その数値をどのような目的に使うか明確にする必要があります。(サプライチェーン排出量の全体像を把握する、具体的なカテゴリの削減目標を設定する等)

(2)算定期間の確認

Scope3排出量の排出時期は算定対象により異なってくるため、報告年度とは異なる場合があります。例えば原材料の製造や製品の使用、廃棄に関する排出については過去、将来の排出量のため、Scope3排出量のカテゴリごとに排出している時期を整理する必要があります。

(3)算定する対象範囲の設定

算定目的の確認でも説明した通り算定対象範囲に関しては会社の目的により異なります。目的が明らかになった後に国内グループのみ、または国外グループも含む全体か算定すべき範囲を設定し、さらに15のカテゴリごとに分類します。

(4)算定

(i) 算定対象範囲のサプライチェーンを確認し、カテゴリ1~15に振り分けます。

以上の図は、サプライチェーン排出量算定の考え方の図より一部抜粋、加工されたものです。

出典:環境省「サプライチェーン排出量 詳細資料(2019年11月26日更新版)」より

(ii) カテゴリ毎に、算定対象とする活動を特定します。

詳細はこちらの記事を参照

実践!Scope3カテゴリ別算定~カテゴリ6・カテゴリ7~サプライチェーン排出量のScope3を見ていきます。その中でも今回は「人の移動」に着目して、カテゴリ6とカテゴリ7の算定範囲や算定方法、そしてよくある質問や不明点を解説していきます。...

(iii) 収集するべき項目を整理しカテゴリ毎に算定、集計します。

カテゴリ毎の排出原単位データベース

上記の説明に付け加えると、Scope3はScope1・2のように正確な数値が得られるものではなく各認定機関・評価機関の認識のもとで取り扱っています。そのため、Scope3の算定においてはどのデータを使用したのかきちんと記録し、根拠があることが重要です。根拠や算定方法がしっかりと記録され、これらを説明できれば、ステークホルダーとのコミュニケーションもスムーズになります。

まとめ

Scope3における算出方法について解説しました。

Scope1、Scope2などに比べると目的によって算定範囲や方法が全く異なってくるためなぜ排出量を出したいのか、算定した数値をどのように活用するかを明確にすることが重要になってきます。

Scope1、Scope2、Scope3とを全て学んだ後はいよいよサプライチェーン排出量算定です。まだこちらの記事を読んでいない方は是非!

初学者必見!!誰にでも理解できるサプライチェーン排出量の全貌ビジネスに身を置いている方なら誰もがよく「サプライチェーン」という言葉を耳にするがことがあると思います。しかし、「サプライチェーン排出量」という言葉を知っていて、理解されている方はどれほどいるのでしょうか?今回は、そんな「サプライチェーン排出量」についてきちんと理解していただけるように、分かりやすく解説していきます。...
おすすめ記事