SDGs

「SDGs」企業が取り組むメリットデメリット徹底解説!

SDGs_logo

ここ数年、目にする機会が増えた「SDGs」という言葉ですが、なんとなくはわかっていても詳しい内容を知らない方や、自分には縁のない話だと思っている方がいるかもしれません。SDGsはすべての人に関わるトピックであり、企業にとっては発展のために重要なキーワードです。この記事では取り組みをスタートする企業が知っておきたいSDGsの基礎知識や、SDGsに取り組むメリットを解説します。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals)は日本語で「持続可能な開発目標」と呼ばれるもので、2030年を達成目標とした国際目標のことです。2015年9月に開催された国連サミット全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載されています。

SDGsは現代社会や地球環境の課題を解決し、より良い未来を創造するための17のゴール(目標)と169のターゲットで構成されています。「だれ一人取り残さない (leave no behind)」をスローガンに、世界各国で企業や個人によるSDGs達成に向けた取り組みが進められています。

SDGsの中で扱われている社会課題や地球環境問題は、国や個人が単独で動いても解決できるものとは言えません。「SDGs」達成には政府や国際機関の努力だけでなく、民間企業や教育機関などの取り組み、個人の意識改革なども必要です。また国や地域の発展レベルによって抱える課題やその深さが異なるため、SDGsという共通の未来像を描きながら、それぞれの立場からできることを考え、協調することが重要です。

企業が取り組むメリット

企業がSDGsに取り組むメリットには次のようなものが挙げられます。

  • ビジネス機会の拡大:SDGsにはさまざまな社会課題が示されています。SDGsを知ることで社会のニーズを把握・予測し、自社の技術やリソースを活かした新たな価値を創出するヒントが得られるかもしれません。
  • 企業ブランディング:企業がSDGsに取り組み、それを発信することで、社会への影響を考慮している企業というイメージ向上に繋がり、ブランディング面でプラス要素となり得ます。
  • 新規取引先や新たなファンの獲得:SDGsやサステナビリティに興味がある企業や個人に興味を持ってもらうきっかけとなり、新たな顧客層の開拓が期待できます。
  • 従業員の共感:SDGsに取り組む企業で働いているという意識が、従業員のモチベーション向上や自社ビジョンへの共感を生み出すことが出来るかもしれません。

近年、企業のSDGsへの取り組みは非常に注目されています。2017年からは外務省が主体となって「ジャパンSDGsアワード」がスタートしました。これはSDGs達成に向け優れた取り組みを行う企業・団体を表彰する制度で、中小企業や地域団体がSDGsに取り組む際の参考となる事例が数多くあります。

出典:外務省「ジャパンSDGsアワード」

取り組まないデメリット

一方、企業がSDGsに取り組まないことのデメリットも説明します。

取引先がSDGs達成の取り組みに積極的である場合、今後の取引先の方針にSDGsへの取り組み度への評価が加わる可能性があります。グローバル展開している大企業では、企業活動で生じる環境負荷をはじめとするSDGs関連項目のチェックが行われるケースもすでにあるそうです。今後SDGs達成に積極的ではない企業は、貴重なビジネスチャンスを逃すことになるかもしれません。

参考:経済産業省関東経済産業局

まとめ

SDGsの達成目標である2030年まであと10年。SDGsに取り組む企業や個人に対する注目は今後さらに高まっていくと予想されます。SDGsに取り組む一番のメリットは、未来の自分や子どもたちが将来住む世界をより良いものにできるということです。自分の立場で、自社の強みや特徴を活かし、今できることから始めてみませんか?