経営

主要サスティナビリティ関連コンサルティング会社の事業内容比較!

sustainability cooperate

サステナビリティへの取り組みは近年特に注目されています。活動を始めた企業がそもそもの意味を理解していなかったり、我流でやっているため取り組み方が間違っている場合もあるので、サステナビリティコンサルティング会社は企業が無理なく現実的に取り組めるよう実現可能な策を提案し、サステナビリティへの取り組みを評価します。

サステナビリティコンサルティング会社とは?

サステナビリティの導入は近年普及が急速に加速しています。

具体的にどのように取り入れていけば良いのか分からないという企業がたくさんあり、そういった企業のためにサステナビリティを専門とするコンサルティング会社が存在します。

例えば企業が導入する上で可能な方法、利益をあげつつ導入する方法を提案します。従来のITや会計といった分野は自社に専門とする部署があれば対応できますが、サステナビリティ専門の部署を有する企業は僅かでしょう。そこにサステナビリティコンサルティング会社の存在意義があるのです。

主要サステナビリティコンサルの事業内容

事業内容としては、企業によるサステナビリティの導入から実施、成果報告に至る一連の流れを担当することになります。例えば企業活動の中で容易に電力・CO2排出量を削減できる事業や、貧困地域に悪影響を与えている事業を洗い出し、サステナビリティへの貢献度が高い導入法を提案します。

コンサルとしての業務は初期段階だけではなく、導入が始まった後も定期的に環境・社会に対する企業の取り組みを評価します。また企業にはESGに関する資料など貢献度に関連した投資家向けの報告も求められているため、報告用資料の作成フォローや監査なども行います。

サステナビリティに関するコンサルが求められる理由や背景

企業が四半期おきに財務諸表を報告する際、自社の経理・会計担当者が決算書をまとめ、監査法人が監査する流れが一般的です。しかしサステナビリティ分野の取り組みは始まったばかりで、自社で専門的な知識を有する企業は僅かといえます。今までの決算書のように財務・経理部が予測を立て、結果を報告することは難しいでしょう。そのため専門的な知識や世界の動向、貢献度を向上させる方法などを把握しているサステナビリティ専門のコンサルが求められています。

まとめ

サステナビリティの導入は世界的な潮流です。しかし従業員から経営者に至るまで専門の知識・ノウハウを有する企業は少ないと思われます。

今後、企業による環境・社会・地球への考え方が変わっていく中で、企業をサポートするサステナビリティ専門のコンサル会社は欠かせないものとなっていきます。

日本にはまだ数社程度しかありませんが、より増えて行くのではないでしょうか。