企業の取組み

【企業例】スターバックスのサステナビリティ取り組みを徹底解説

Starbucks example

これまでのスターバックスを見てみると、LGBT差別撤廃やコーヒー豆のフェアトレード推進など、人権問題や社会を良くするための取り組みを率先して行っています。そして今、環境分野に関連してサスティナビリティへの取り組みを強化しているようです。彼らの行動からサスティナビリティの取り組み事例を見てみましょう。

スターバックスのサステナビリティ取り組みとは

スターバックスの取り組みは企業がサスティナビリティを考えるうえで参考になるかもしれません。彼らの行動から私たちの取り組みに応用できるものがないか見ていきましょう。

エシカル(倫理的)な調達(Ethical Sourcing)

エシカルな調達とは環境に悪影響を及ぼさず、人権侵害などの社会に損失を被らせない調達のことです。実現すれば地球環境と社会の持続を維持しつつ調達を維持することができます。スターバックスはコスタリカに農園を開拓し、コーヒーの生産が環境に及ぼす影響を研究しています。この農園で得た知識を元に、将来的に環境に悪影響を及ぼしにくい生産法を開発する狙いがあります。また、社会の持続可能性を目的として児童労働の行われている農園からの調達を禁止し、生産者に適切な賃金が支払われる仕組みに取り組んでいます。

環境面でのリーダーシップ

活動の一環でリサイクル活動をしており、店舗で発生する廃棄物の大部分は抽出したコーヒー豆の豆かすと牛乳パックです。豆かすは回収され、処理施設で植物の肥料や動物の飼料として再利用されます。育てられた動植物の一部は店舗で提供されるサンドイッチとなります。そして牛乳パックなどの紙類はリサイクルされて再生紙やトイレットペーパーになります。このように、「環境に優しい循環」を目指しています。

地域交流と貢献

スターバックスでは店舗周辺の地域住民と積極的に交流しています。コーヒーのおいしい飲み方を教えるテイスティングパーティーや店員による店舗周辺での清掃活動をしています。また地域の子供たちを集めてパーティーを開催したり、中学生に店員としての職業体験の場を提供しています。また、日本では「ハミングバード プログラム」という東日本大震災の震災遺児の進学支援活動も行っています。

スターバックスでのワークスタイル

スターバックスは離職率が低く、一度離れたアルバイトでも戻りたがる方が多いという点が特徴です。働く人たちを惹きつける秘訣があります。キャリア開発や満足度調査に基づく人事を行い、働く人が満足する場所に配置しています。また、「”多様性”と”人間らしさ”を求めるスターバックス」としてLGBT差別撤廃などダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受け入れ・受容)にも力をいれています。そして意外ですがマニュアルを極力少なくし、自主性にゆだねることで店員自らお客様へ良いサービスを提供したくなると言われています。

まとめ

スターバックスは調達から店舗運営、廃棄に至るまで環境と社会、人々の持続可能性をできるだけ損なわない努力をしています。サスティナビリティを導入する上で企業によっては環境にのみ考慮している場合や、調達のことは考えず店舗運営に関わる部分だけ考えている場合もありますが、地球全体のサスティナビリティを考えるスターバックスの姿勢を参考に、あなたの企業でも取り組みを始めてみませんか。

おすすめ記事