身近なサステナビリティ

「サステナブル・シーフード」を選ぶ生活へ。海のエコ・ラベルを知ろう!

sustainable seafood

サステナブル・シーフード」とは、持続可能な漁業や責任ある養殖により生産されたシーフードのことを言います。聞き慣れない言葉かもしれませんが、サステナブル・シーフードを選ぶことで、身近な食を通したサステナビリティへの貢献ができます。今回はサステナブル・シーフードについての概要を、関連する「海のエコ・ラベル」やメリットと共にご紹介します。

「サステナブル・シーフード」とは

「サステナブル・シーフード」は、持続可能な漁業により獲られたシーフードや、環境・社会に配慮した養殖により生産されたシーフードを指す言葉です。MSC(海洋管理協議会)は3つの原則に基づき、水産物が適切な管理のもと持続可能に獲られているかを審査しています。漁業がMSC漁業認定規格に認証されることにより、MSCエコラベルをつけて販売することが可能です。

  • 資源の持続可能性:過剰な漁獲を行わず資源を枯渇させないこと。枯渇した資源については回復を論証できる方法で漁業を行うこと。
  • 漁業が生態系に与える影響:漁業が依存する生態系の構造、多様性、生産力等を維持できる形で漁業を行うこと。
  • 漁業の管理システム:地域や国内、国際的なルールを尊重した管理システムを有すること。また、持続可能な資源利用を行うための制度や体制を有すること。

他には、養殖水産物について管理・運営するASC(水産養殖管理協議会)という国際認証制度もあります。環境への影響や労働環境等を考慮し、持続可能な養殖かどうかを評価、認証しています。

海のエコ・ラベル

以上で述べたように、サステナブル・シーフードを見つける目印となるのが、”海のエコ・ラベル”としても知られる「MSCラベル」です。MSCラベルの付いたサステナブル・シーフードは、以下の2つの条件を満たしています。

  • 持続可能な漁業であることを示す「MSC漁業認証」を取得した漁業により獲られた水産物であること
  • 製造、加工や流通を含む全過程が、認証水産物と非認証水産物を区別して管理していることを示す「MSC CoC認証」*を受けた企業により管理された製品であること

*注:CoCは「Chain of Custody(管理の連鎖)」の略で水産物を獲るところから消費者に届けるまでを「認証」というチェーンで繋ぐという意味があるそうです。

また、養殖版のエコ・ラベルとして知られるのが「ASCラベル」です。こちらはASCにより認証が行われ、社会や環境に配慮した養殖シーフードであることを示します。MSCと同様に、ASCラベルの付いたシーフードを生産する養殖場は「ASC 養殖場認証」を、管理を担う企業は「ASC CoC認証」を取得しています。

サステナブル・シーフードを選ぶメリット

消費者としてサステナブル・シーフードを選ぶことには、以下のようなメリットがあります。

消費を通して持続可能な漁業に貢献することができる

サステナブル・シーフードを購入することは持続可能な漁業の拡大につながり、水産資源の枯渇や環境破壊の抑制に貢献できます。漁業者のみならず、サステナブル・シーフードの適切な管理を行う事業者を支援することにもつながります。

製品を取り扱う事業者が明確である

非認証シーフードの混入を防ぐためのCoC認証により、サステナブル・シーフードはトレーサビリティ(注1)が確保されています。サステナブル・シーフードを選ぶことは、同時に安全性の高い食品を選ぶことにつながります。

※注1:生産から消費までの経路が追跡可能なこと。

まとめ

今回は「サステナブル・シーフード」とそれに関わる「海のエコ・ラベル」についてご紹介しました。消費する商品の選択は、環境問題とも深い関わりを持っています。「サステナブル・シーフード」を選ぶことで、サステナブルな取り組みを日常的に行うことができますよ。

おすすめ記事