非財務情報公開

マテリアリティ(重要課題)とは?CDP関連キーワード特集

material

CDP関連のキーワードとして注目が集まる「マテリアリティ(重要課題)」の概念。サステナビリティ報告やCSRにおいて取り入れる企業も増えています。今回はそんな「マテリアリティ」とは何かについて、わかりやすく解説します。企業経営におけるマテリアリティ特定の重要性や企業の事例もご紹介しますので、参考にしてみてください。

マテリアリティ(重要課題)の概念

「マテリアリティ」は日本語で「重要課題」を意味します。当初は投資家が求める財務情報の特定に焦点を当て、短期的な業績に対する影響の大きい要因がマテリアリティとして特定されていました。

その後、より長期的な視点に立ったマテリアリティへのアプローチが重要視されるようになりました。AccountAbility社の「マテリアリティ・レポート」では広義のマテリアリティが以下のように再定義されました。

  • マテリアルな課題とは組織のパフォーマンスに大きな違いをもたらす可能性のある課題
  • マテリアルな情報は、ステークホルダーや経営層が彼らにとって重要な事柄に対して、適切な判断を下し、組織のパフォーマンスに影響する行動をとるためのベースを提供する。

出典:「マテリアリティ・レポート」(AccountAbility)

近年では、主にサステナビリティやCSRに対する取り組みといった非財務指標に対して「マテリアリティ」の概念が用いられるようになりました。上記のような課題を「マテリアリティ」として特定し、それらを軸に情報開示を行う方法が広まりつつあります。

マテリアリティ特定の重要性

では、企業がマテリアリティを特定することにはどのような意義があるのでしょうか?

上記のように、マテリアリティを特定することは企業経営にとって重要度の高い課題を明確にすることです。さらにステークホルダーのニーズに沿った項目や経営環境の変化を明らかにすることにもつながり、企業が注力すべき取り組みを特定できます。

ESG投資の拡大にも見られるように、近年では非財務情報の重要性に対する認識が広まりつつあります。マテリアリティの特定は、企業の長期的な価値創造を実現する上でさらに重要性を増していくでしょう

企業のマテリアリティ事例

マテリアリティ特定のプロセスを詳細に公開している企業の事例をご紹介します。

大和ハウス工業

課題の把握・整理、重要課題の抽出」「妥当性の確認」「マテリアリティの特定」「環境行動計画への反映」の4つのプロセスでマテリアリティを特定しています。ステークホルダーや有識者との直接対話を行うことで、社外のニーズや意見を取り入れています。

大阪ガス

GRIスタンダードの項目を参考にマテリアリティの特定を行なっています。マテリアリティへの取り組みに対しては毎年進捗が確認され、有識者の意見などを参考にしながら見直しが行われます。

まとめ

「マテリアリティ(重要課題)」についてご紹介しました。

経営環境の変化に対する柔軟な対応が求められる中、マテリアリティの特定は企業経営における機会とリスクを把握する上で有用な手段となり得ます。ご紹介した企業の事例を参考に、マテリアリティという考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事