サステナビリティ

サステナビリティとは?企業が今求められる理由とメリットを解説

近頃よく耳にする「サステナビリティ」について、あなたはその背景や意味を知っていますか?「持続可能性」と言う訳語のほうに馴染みがある方もいるかもしれませんが、今、世界中の国や企業が「持続可能な社会」に向けてさまざまな活動に取り組んでいます。ゆえに、「サステナビリティ」は、私達の住む社会環境や地球の持続可能性を論じるにあたり欠かせないキーワードなのです。

サステナビリティとは

サステナビリティー Sustainability とは sustain(持続する)ability(可能性)という2つの単語からなる言葉で、直訳すると「持続可能性」のこと。サステナビリティへの取り組みというとき、対象は社会や環境であることが多く、社会問題や環境問題に配慮した活動を通して「自然と人が共存するサステナブルな社会」を作り出すことを目的とするようです。

コーポレートサステナビリティとは

コーポレートサステナビリティとは、corporate(企業の)sustainability(持続可能性)の2つの単語からなる言葉であり、文字どおりサステナブルな社会にむけた「企業の」取り組みを意味します。

サステナブルな社会に向けての取り組みを行ううえで、「環境や社会面に配慮すること」と「経済的なメリットやリターン」は相反的なものとする見方もありますが、サステナビリティを重視する企業はこの2つが両立するものと考えています。つまり、持続可能な社会を作ることは、企業の長期的な事業継続にとっても必要であるという、いわば「corporate(共同の)関係」であるといえるかもしれません。

企業は自社の事業が社会や環境、経済に与える影響を考慮し、またその責任を持つ事が求められ、サステナブルな社会の実現に向けての長期的な企業ゴールやプランを持つことが大切です。

コーポレートサステナビリティが求められる理由

コーポレートサステナビリティが求められる理由について、具体的には以下3点があると考えられます。ここでは、それぞれの理由を簡単に説明していきます。

社会の持続困難な状態が進行

世界規模の課題において、例えば「地球温暖化」や「気候変動」「飢餓・貧困」などがあげられます。これらの問題をそのままにしておくと、そう遠くない未来において企業活動にも大きな影響を及ぼし、社会が機能不全を起こす『持続不可能な社会』となってしまうことが予想されます。そして長期的には人類が地球上で生活することすら困難になってくるでしょう。今目の前にある課題、そして未来の危機を回避するために、社会としての機能を保ちながら自然と共存するサステナブルの考え方が重要になっています。

持続可能な開発目標(SDGs)の採択

上記で挙げられたような社会問題を解決し、2030年までにサステナブルなよりよい世界を目指すために設けられた17のゴールが「持続可能な開発目標(SDGs)」です。2015年に国連サミットにて採択され、現在、国だけでなく世界中の企業においても17のゴールに向かってさまざまな戦略が立案されています。

各企業は17のゴールのうち、特に自社のビジョンや事業内容に沿ったものを重点テーマと捉え、それぞれの具体的な取り組みの中で、SDGsに沿ったゴール達成を目標としています。

ESG投資の拡大

ESG投資とは、環境(E)・社会(S)・企業統治(G)に配慮している企業を重視して行なう投資のことです。ESG投資の場においては、サステナビリティに力をいれ、SDGsへの貢献が熱心である企業ほど注目度が高い傾向にあります。また、コーポレートサステナビリティに関する情報開示が企業に求められるようになってきており、それに注目する投資家も年々増えてきているようです。

サステナビリティへの取り組みと企業メリット

国や企業が積極的な活動を続けていくことで、社会全体としてサステナブルな状態に少しずつ近づくことができると考えられますが、サステナビリティに取り組む企業については具体的なメリットもあります。

大きく分けて、以下4つのメリットが期待されており、さらなる企業自身の持続的な成長と発展にもいい影響を与えてくれそうです。

  • 企業のブランド価値が上がる

企業が実際に社会問題や環境問題の解決に取り組み、その活動を知ってもらうことでブランド価値の向上につながると考えられます。

  • 新事業やソーシャル・ビジネスなど事業が拡大する

問題解決に対する取り組みを行う中で、新たな技術を開発したり、それを利用した新しいサービスの展開をしたりなど、企業のビジネスが拡大する可能性があります。

  • 従業員の満足度が向上する

従業員が問題解決意識や積極性を持つことで、課題にコミットすることが期待でき、従業員がやりがいを感じるような場面が見られそうです。

  • コストの削減が可能に

自社のエネルギー使用量や廃棄物の排出量を見直し、さらなる削減や持続可能な資源の使用に努めていくことで、コストの削減にもつながると考えられます。

まとめ


今回は、サステナビリティの意味や、企業が求められる3つの理由、4つのメリットについて主に解説しました。これら背景の理解を深めたうえでの取り組みは社会に大きく影響していくと考えられますので、企業自身の成長とサステナブルな社会の実現を両輪で目指していきましょう。

おすすめ記事