ランキング

1位フィンランド、日本は62位 | 世界幸福度ランキング2020

smile

SDSNが毎年公表している「世界幸福度ランキング」2020年版での気になる日本の順位は、前年よりも順位を落とし156カ国中62位でした。その背景には、日本人の主観的な幸福度の低さがあるようです。2020年度最新版の世界幸福度ランキングで上位に位置する国々の特徴を見ながら、日本の順位が下がり続ける理由を下記にて解説します。

世界幸福度ランキングとは?

世界幸福度ランキングは、国連持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が毎年発行する「世界幸福度報告書」で発表されるランキングです。

2020年度版で調査の対象となったのは156の国と地域。ランキングはGallup World Poll(※1 )による世論調査で得られた、自分の幸福度に対する10段階の自己評価を基に作成されます。さらに、GDP・健康寿命・寛容さ・社会的支援・人生における選択の自由度・腐敗に対する認識度の6つの要因を用い、それらが主観的な幸福度に与える影響を分析しています。

※1  Gallup World Poll:世界規模の世論調査を行うアメリカの企業。幸福や報道の自由など、100以上の世界的な問題に関する調査を行なっている。

出典:「World Happiness Report 2020」(World Happiness Report)

【2020年度版】1位から10位を紹介!特徴は?

では、2020年度版・世界幸福度ランキングの結果を見ていきましょう。1位から10位は以下のようになっています。

  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. スイス
  4. アイスランド
  5. ノルウェー
  6. オランダ
  7. スウェーデン
  8. ニュージーランド
  9. オーストリア
  10. ルクセンブルク

ランキング上位の多くを占めたのが北欧諸国。特にフィンランドは3年連続で1位を獲得しています。その理由として挙げられるのが、自然の豊かさや充実した社会福祉。フィンランドやノルウェー、デンマークでは医療費が無料、さらに北欧諸国には教育費が安価な国も多くあります。労働に関しても長時間労働を避けながら効率性を重視する風潮があり、2018年におけるフィンランドの労働生産性は日本と比べて1.4倍高くなっています。

ワークライフバランスがとれ、健康や教育についても安心して暮らすことができる。北欧諸国のそうした環境が、幸福度の高さにつながっていると言えるでしょう。

日本のランキングは62位、なぜ?理由を詳しく説明!

ここで気になる日本の順位を見てみると、なんと62位。2013年の43位から、年々下がり続けています。その理由はなぜなのでしょうか?

日本の評価を要素別に見てみると、健康寿命GDPといった客観的な要素に対する評価が比較的高い一方で、人生における選択の自由度や寛容さに対する評価が低いことがわかります。自由度や寛容さについては働き方や表現(報道)の自由度に対する主観的な評価を基に順位づけがされており、これらの要素に対する満足度の低さが順位を下げる要因となっているようです。
上記に述べたように、世界幸福度ランキングの順位づけは「主観的」な幸福度を基に行われているのがポイント。日本の順位が下がり続ける背景には、客観的な豊かさに人々の幸福が伴っていない現状があると言えるでしょう。

まとめ

「世界幸福度ランキング」についてご紹介しました。日本の順位の低さから、日本人の間では自分を幸福であると評価している人が少ないことが伺えます。ランキング上位の国々を参考に、自分にとっての「幸せ」とは何かを見つめ直すことで、生活に対する満足度を高めるヒントが得られるかもしれません。